20015年4月5日イースター礼拝の様子

Dsc_043803

「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。ここにはおられません。よみがえられたのです。」 新約聖書ルカの福音書24章5-6節

イースターおめでとうございます。

4月5日(日)のイースター礼拝では、月初めの主日礼拝なので、イエス様の十字架と復活を記念する聖餐式をしました。

その後、新しく教会員になる方の転入会式、教会学校教師任命式とプログラム目白押しでした。

聖書からイエス様の復活についてお話しを聞いた後、特別賛美で毎年恒例のハレルヤコーラス大合唱がありました。

礼拝後は新しく教会員になった方を囲んでみんなで記念撮影。その後は、イースター持ち寄り昼食会。今日はあまりにもみんなが持ち寄った料理や手作りケーキなどの品数が多くて、とても全部食べきれませんでした。

Dsc_044501

教会の前の桜は一昨日と昨日の風と雨でだいぶ花びらが散りました。でもまだまだ花が残っていて、葉桜も含めてこれはこれでなかなかきれい。教会の中からお花見しながらお昼を食べました。

イエス様の復活を桜の花ととともにお祝いできるのは、日本の教会の特権ですね。特に桜の木が直ぐそばにあるところのですね。(TH)

| | コメント (0)
|

2013年7月21日(日)岸義紘師による歓迎礼拝のようす

130721kisisi2

7月21日の礼拝は、巡回伝道者・サックス奏者の岸義紘先生をお迎えして行いました。

・日本唱歌メドレー
・アメージンググレース
・ダニーボーイ
・主の祈り
の4曲を、ソプラノ、アルト、テナーサックス3本で吹き分けてくださいました。

礼拝メッセージは新約聖書マタイの福音書20章1-16節から、「天国のステキな祝福」というお話。
聖書箇所はここから読めます(口語訳)

以下は、林牧師が記録した岸先生のメッセージのポイントの箇条書きです(参考までに)。
・イエス様のたとえ話はごく普通の出来事を話しているが、わざと有り得えないことを混ぜて話している
・夕方5時頃に、わざわざ人を雇いに行く主人がいるか?
・天の父なる神は、そのように憐れみ深い方
・イスラエルのぶどうの収穫は、日照りの中で地面にはっているぶどうを、一日収穫する
・しかも雨季に入り始める
・ぶどうは雨が降るとすぐにダメになる
・だからできるだけ早く収穫しなければならない
・ぶどう園の収穫は、重労働
・屈強な男しかできない
・5時まで立っていた人は、ぶどうの収穫には適さない人たちだった
・しかも働かなければならない事情があったので、夕方になっても家に帰れず広場で仕事を待っていた
・主人はその人たちに声をかけた
・神は、その人に一番いい時間に、その人を招かれる
・だから祈って、家族や友だちがイエス様を信じることができるように、愛を注いで神が声をかけられる時を待てばよい
・主人は先ず、5時から男に支払いをした
・居場所がなくて、辛い中にあった人たちに、真っ先に配慮をしてくださった
・天国には、そんな人たちの居場所がある
・ヨハネ14:2
・イエス様の居場所に、私たちの居場所もある
・最後の人から最初の人まで同じ賃金だった
・主人は、感情を入れずに筋だけ通した
・普通なら最初の人たちに色を付けるもの
・イエス様ご自身が、神の裁きを受けて、私たちのために死なれるという筋を通された
・だから私たちはイエス様を信じて、天の父なる神様のあわれみと恵みの国に入ることができる
・聖書を通して語りかけてくださる神様は、このようにあわれみ深いお方

| | コメント (0)
|

2012年5月6日 礼拝のようす

ゴールデンウィーク最後の日曜日。

午前中はなんとかお天気ももって、

教会の窓から見える黒目側沿いの緑がきれいでした

今日の礼拝メッセージは「あふれる主の恵み」(ヨハネ21:1-25/林牧師)

この箇所は、十字架で死んで葬られた後、

3日目によみがえられたイエスさまが、

湖畔で弟子達に現れてくださるシーン。

そしてこれは、

「自分は死んでもイエスさまについていく」とまで言っていながら、

十字架の場面で結局逃げ出してしまった弟子たちの、

失敗からの再生の場面でもあるのです。

イエスさまは、まず弟子たちに食事をさせて元気づけてくださいました。

「イエスは彼らに言われた。『子どもたちよ。食べる物がありませんね。』彼らは答えた。『はい。ありません。』イエスは彼らに言われた。『舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。』そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、網を引き上げることができなかった。(ヨハネ21:5,6)」

復活されたイエスさまは今も生きていて、

何度も失敗してしまう私たちに「子どもたちよ」と語りかけてくださる方ですclover

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2012年1月22日 礼拝のようす

delicious2012年、今年もぼつぼつ更新していきますので、よろしくお付き合いくださいtulip

さて、1月も第四主日となりました。

寒い毎日が続き、日曜の朝礼拝に出かけるのがおっくうになりがちですが、今日も礼拝へとみちびいてくださった神様に感謝ですshine

今日の礼拝メッセージは「主は生きておられる」(Ⅰ列王記17:1-16/林牧師)

今日の聖書箇所は、預言者エリヤが飢饉のなかも神さまによって養われ(その養われ方がまたオモシロイbleah)、神さまの御力を経験する(その御力もまたオモシロイsmile)というところ。

今日のメッセージのポイントは、「主を信じる=主を信頼する→自分を任せてみる」ということでした。

飢饉のなか、エリヤは神さまからある命令を受けます。

それは、川のほとりに住むこと、しかも「わたしは烏に、そこであなたを養うように命じた(Ⅰ列王記17:4)」ということでした。

烏が・・・・養う???人間を???

さあ、どうなったかといいますと。

「幾羽かの烏が、朝になると彼のところにパンと肉を運んで来、また、夕方になるとパンと肉とを運んで来た。彼はその川から水を飲んだ。(Ⅰ列王記17:6)」

こうして、神さまのことばを信じたエリヤは、神さまのことば通りに養われたのでありました。

神さまのことばを聞き、信じ従うこと。

例え信じられないようなことでも、とにかく信じてやってみること。

今週はそんなチャレンジを神さまからいただいてのスタートですsnow

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2011年12月25日 礼拝のようす

クリスマス礼拝が今年最後の礼拝となった今日の日曜日。

今日は、礼拝のなかで、メサイヤ賛美や転入会式があったりと、喜びあふれる2011年最後の礼拝となりましたshineshineshine

メッセージ「クリスマスのサイン」(ルカ2:1-20/林牧師)

今日のメッセージでは、クリスマスツリーxmasに込められた意味を聞きました。

クリスマスツリーxmasを飾り始めたのは、約450年前、宗教改革者のマルチン・ルターだと言われているそうです。

常緑樹である「もみの木」は、永遠のいのちを表しています。

その他、オーナメントにも色々な意味があるのですが、ここでは「灯り」についてのお話をご紹介しますねflair

クリスマスと言えばイルミネーションですが、ツリーにろうそくを飾っていた歴史があるようです。

この世に人として生れて来てくださった神の子、イエスさま。

聖書bookで、イエスさまは「光」に例えられています。

どんな暗闇の中でも、小さな灯火一つで暗闇はなくなります。

「灯り」や「光」は、希望と安心感を人に与えますね。

来年も「光」であるイエスさまから目を離さずに生きる一年になりますように・・・confident

「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。(イザヤ9:2)」

「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。(ヨハネ1:9)」

| | コメント (0)
|

2011年12月4日 礼拝のようす

12月になりましたxmasxmasxmas

教会では、先週からイエスさまのお誕生であるクリスマスを待ち望むアドベントの期間に突入dash

クリスマスの飾りつけもすっかりすんで、クリスマス(今年は25日が日曜日ですね!)まで、一週毎に赤いロウソクの灯火が増えていきますnotes

メッセージ「恵みの神イエス・キリスト」(ヨハネ1:1-18/林牧師)

oneイエスさまはまことの光shine

「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。(ヨハネ1:9)」

イエスさまは、信じる者を神のさばきから救ってくださる方。

誰でも、イエスさまを自分の救い主と信じれば、罪赦されて神の子どもとされ、永遠のいのちが与えられるのです。

イエスさまは、どんな暗闇の中にも輝く希望の光、いのちの光、まことの光ですshineshineshine

two恵みの上にさらに恵みを

「私たちはみな、この方(イエスさま)の満ち満ちた豊かさの中から、恵みの上にさらに恵みを受けたのである。(ヨハネ1:16)」

イエスさまは、恵みに満ちておられる方。

その方は、別の箇所でこう言っておられます。

「あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。(ヨハネ15:7-8)」

恵みの上にさらに恵みを与えてくださる方に信頼し、期待して今週も歩みたいと思いますapple

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2011年11月13日 礼拝のようす

本日は「ファミリー礼拝」で、ふだんは9時半~の教会学校に出席しているこども達が、礼拝の一番前の席に並びましたhappy01

一番前に並んだ理由は・・・

今日は腹話術のお人形・すーちゃんが来たのです!

すーちゃんは、四葉のクローバーcloverから「信仰、希望、愛、幸福」のお話をしてくれました~shine

礼拝後には、子供祝福式。

小学生以下の子ども達は前に並んで記念品をもらい、記念写真の撮影camera。みんなちょっとはにかんでましたcatface

メッセージ「あなたを愛する神様」(イザヤ43:1-7/林牧師)

今日は、聖書bookに示されている「神の愛」から、「親の愛」について考えるメッセージでした。

one名前を呼ぶ

「あなたを形作った方、主はこう仰せられる。『恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのもの。(イザヤ43:1)」

名前を呼ぶということは、相手への関心の表れです。

神さまは、私の名を、あなたを名を、呼んでくださいます。

two守ってくださる

「あなたが水の中を過ぎるときも、わたしはあなたとともにおり、川を渡るときも、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、あなたは焼かれず、炎はあなたに燃えつかない。(イザヤ43:3)」

親は我が子を守りたいと思うものですが、やはり人間ですから限界もありますよね。

でも、天の神さまは、私たち一人ひとりを守ってくださる方です。

three何者にも代えがたい存在として

天の父なる神さまは、私たちを愛し、ただ一人の御子キリストを、私たちの罪の身代わりとして十字架につけなさいました。

私たちは皆、神さまがその一人子をさえ惜しまずに与えるほどに愛されている存在なのですheartheartheart

親から子への愛だけに限らず、そのような愛で周りの人を愛せる人になれたら幸いですねtulip

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。(イザヤ43:4)」

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2011年11月6日 礼拝のようす

11月になりましたgemini

身の回りの木々の葉も、少しずつ色づき始めていますねmaple

今日は教会では「召天者(しょうてんしゃ)記念礼拝」を行ないました。

私たちの教会の教会員で、先に天に召された方々を礼拝の中で覚え、メッセージでは「死」と「天国への希望」について聖書から聞きましたbook

メッセージ「再会の希望」(Ⅰテサロニケ4:13-18/林牧師)

イエスさまを救い主と信じるクリスチャンにとって、死は「終わり」や「無」ではなく、「眠り」であると聖書に書いてあります。

そして、この世界に再びイエスさまが来られるときに、死んだからだが復活し、同じように眠りから覚まされた聖徒たちと、永遠の神の御国で、いつまでも主とともにいることができるようになる・・・

「私たちはイエスが死んで復活されたことを信じています。それならば、神はまたそのように、イエスにあって眠った人々をイエスといっしょに連れて来られるはずです。(Ⅰテサロニケ4:14)」

この世での「死の別れ」は辛く悲しいものですが、また会える、しかも、そのときは主もともに!という希望を聖書は語っているのですshineshine

さて、今日は最後に、黒人霊歌"Just a Closer Walk with Thee"の歌詞をご紹介したいと思います。(林牧師が訳し、礼拝の中で読んでくれました。)

「あなたのみそばを歩ませてください」

あなたのみそばを 歩むこと
イエス様 それがわたしの喜び、願いです
日々 あなたのみそばを 歩むこと
主よ この願いをかなえてください かなえてください

わたしは弱く あなたは強いおかたです
イエス様 わたしを 過ちからお守りください
わたしの心は 満たされます
あなたのみそばを 歩み続けられるなら

労苦と誘惑に満ちた この世の中で
主よ 私がつまづいたときに
だれがわたしのことを 助けてくれるでしょうか
誰がわたしの重荷を いっしょに担ってくれるでしょうか
他には誰もいません
愛する主よ ただあなただけです

このはかない人生が 終わりを迎えて
わたしに与えられた時間が なくなってしまったとき
やさしく 確かに わたしを導いてください
あなたのみ国の 岸辺まで
あなたの 岸辺まで

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2011年10月30日 礼拝のようす

教会では、今日の礼拝後、年に一度の大掃除を行ないましたdash

1ヵ月後の11月の最終日曜は、もうアドベント(イエスさまのお誕生・クリスマスを待ち望む4週間)ですbellbellbell

大掃除にクリスマス・・・ 気分はすっかり年末へと飛んでいった日曜の午後なのでした

メッセージ「ノアの箱舟(3)―虹の契約」(創世記9:1-29/林牧師)

先週からの続きで、今日は、大洪水が終った後のお話。

one必要を備えてくださる神さま

大洪水で財産は何もかも失ってしまったノアとその家族。

命は助かりましたが、「さて、これからどうやって生活していこう・・・」という大きな不安があったことでしょう。

そんなノア達に、神さまは「生めよ。ふえよ。地に満ちよ。(創世記9:1)」と祝福し、「生きて動いているものはみな、あなたがたの食物である。緑の草と同じように、すべてのものをあなたがたに与えた。(創世記9:3)」と語り、新しい生活の保証をしてくださいました。

同じ神さまは、現代を生きる私たちの必要も満たしてくださる方。

信じて、神様に祈り求める者となりたいですshine

two「失敗」

神さまからの祝福と、「もう大洪水では全地を滅ぼさない」という契約のしるしとしての虹を見たノア達。

めでたし、めでたし・・・・といかないのが、聖書のおもしろいトコロwink

この後、ノアは酔っ払って裸になるという醜態をさらしてしまいますcoldsweats02

私たちは、たとえイエスさまを救い主と信じ、罪赦されたクリスチャンになっても、同じ失敗や罪を繰り返してしまう弱い生き物です。

でも、聖書bookにはこんな約束があります。

「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。(Ⅰヨハネ1:9)」

罪や失敗で、「もう私なんかダメだ~crying」と思っても、イエスさまの十字架による赦しに限界はありません。

その度ごとに、イエスさまの十字架の救いに頼る者となりたいですね

そして、「他人の失敗」については、どうでしょう?

十字架の赦しは、私にだけでなく、お隣のアノ人にも同じように豊かに与えられている・・・

神さまが大きな愛で私の罪を赦し、私をかばう方となってくさったように、私も自分の隣人の失敗をゆるし、かばう者となることができますようにclover

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

2011年10月23日 礼拝のようす

今日は、礼拝後に10月のお誕生者祝福式shine

朝霞聖書教会、10月生まれが多いですhappy01

かく言う私も10月生まれflair

1年に一度、教会でnoteハッピーバースデーを歌ってもらうのと、後でもらえる記念写真カードが楽しみなのですcatface

メッセージ「ノアの箱舟2」(創世記7&8章/林牧師)

「ノアの箱舟1」が9月の最終日曜日だったということで、約1ヶ月ごしの連続メッセージ。

今日の聖書箇所は、ノアと家族と動物達が箱舟に乗り込み、神さまがその扉を閉められてて、いよいよ雨が降り続き・・・rain

水かさはどんどん増して、地の上にいたものはみな息絶えてしまいます。

そして、水がひいて、再び地に足をつけることができたノアが神さまに感謝した、という箇所です。

one神さまは私たちにいつも心を留めていてくださる

「神は、ノアと、箱舟の中に彼といっしょにいたすべての獣や、すべての家畜とを心に留めておられた。それで、神が地の上に風を吹き過ぎさせると、水は引き始めた。創世記8:1」

私たちは忘れっぽいですが、神さまは忘れることはなさいません。

いつも、主を呼び求める者を、そのお心に留めていてくださる方です。

two主に信頼するということ

水が引き始めたとき、ノアは烏やハトを放って、地がどの位乾き始めたのかを何度か確かめています。

しかし、自分の判断で箱舟を出ることはしませんでした。

神さまが「出なさい」と告げられたときに外に出たのです。

自分の知恵や経験を用いて、その時々で最善と思われることをしながら、その結果は全て神さまにお任せしているノアの姿。

今週も、いつも私に心を留めてくださる神さまに信頼し、へりくだって主の導きを求めながら歩めますように・・・clover

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧