« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

12月3日アドベント第1週主日礼拝

Xmas412月3日(日)あさ10:30-12:00
アドベント礼拝(第一週)
「救い主のニックネーム-不思議な助言者-」イザヤ書9章6節
お話:林 俊宏牧師
(入場無料。席上-自由-献金有り)

いよいよ、今度の日曜日から、アドベントが始まります。
アドベントとは、日本語では「待降節(たいこうせつ)」と言います。
・「隆(こう)」=誕生
・「節」=お祭り。節句と同じ。
つまり、誰かのお誕生を待ち望んで、お祝いするのが、待降節です。

誰のお誕生を待ち望むか?
それは、救い主イエス様のお誕生を待ち望むのです。

待降節は、クリスマス(12月25日)の4回前の日曜日から始まることになっていますので、今年は、12月3日の日曜日から始まります。

この時期、キリスト教会では、聖書から救い主イエス様のお誕生に関する聖書の言葉を読んで、
・なぜ救い主が来られたのか?
・救い主イエス様はどんなお方なのか?
・救い主イエス様を信じるときに、私たちの人生がどのように新しくなるのか?
について考えています。

今年は、12月3日の4回の礼拝で、救い主イエス様がどんなお方かを分かりやすく考えたいと思っています。

「ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が、私たちに与えられる。
主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、
力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。」(旧約聖書イザヤ書9章6節)

救い主イエス様がお生まれになる700年前に、やがて生まれる救い主がどのような方かを書き記した、このイザヤ書の預言から、救い主イエスが、「不思議な助言者」であることを考えます。

初めての方のおいでを歓迎します。

聖書や讃美歌は教会に備えてありますから、お気軽においでください。

| | コメント (0)
|

11月26日礼拝メッセージPODCAST「神の愛に生かされる喜び」

11月26日(日)歓迎礼拝
「神の愛に生かされる喜び」(約14.9MB)
お話:武藤正信先生(天竜福音キリスト教会)

「061126-1.mp3」をダウンロード

※これは、遠方に住んでいる教会員と、仕事や病気、用事などで礼拝をお休みした方のためにアップしていますが、その他の方も、もしよろしければお聞き下さい。

| | コメント (0)
|

11月26日歓迎礼拝のお知らせ

061126reihai11月26日(日)あさ10:30-12:00
「神の愛に生かされる喜び」
ルカの福音書19章
お話:武藤 正信牧師

(入場無料。自由献金あり)

26日の礼拝には、私たちの教会の初代牧師である、武藤正信先生(現、天竜福音キリスト教会牧師)をお招きします。

今の時代は、「生きにくい時代」と言われています。
多くの人が、自分に対する自信を失い、また自分を嫌いになっている時代です。

そんな時代に生きる私たちに、聖書は、「私はあなたを愛している」と呼びかけている、生けるまことの神がおられると教えています。
そして、その神を知るときに、私たちは生かされている喜びを味わうことができるようになるのです。

今回の礼拝では、武藤先生が、聖書を通して、その神の愛を分かりやすくお話ししてくださいます。

「人の子(注:イエス・キリスト)は、失われた(注:本当の生きる目的を見失った)人を捜して救うために来たのです。」(ルカの福音書19章10節)

初めての方を歓迎します。お気軽においでください。
聖書や讃美歌などは教会に備え付けてあります。

| | コメント (0)
|

感謝(サンクスギビング)礼拝がありました

Pap_0009219日の礼拝で、アメリカのサンクスギビングデーの歴史を学ぶ、感謝礼拝がありました。
私たちの教会の協力宣教師である、ドン・リギア先生が、お話ししてくださいました。

信仰の自由を求めて、アメリカ新大陸に移住したクリスチャンたちは、自分たちのことを、「ピルグリム(巡礼者)」と呼んだこと。
それは、クリスチャンが天国を目指す旅人であるからだ。
私たちは、この地上に住んでいても、この世のしがらみにがんじがらめにならないで、神様を愛し、人を愛して生きていくことが求められているのだ。
を、聖書から教えられました。

また、新天地に渡った人たちが苦労の末、次の年の秋に豊かな穀物の実りを経験したときに、彼らに農業指導をしてくれたインディアンの人たちを招待して、神様に収穫を感謝する時を持ちました。

私たちも、彼らと同じように、神様がいつも私たちのために必要なものを備えてくださっていることを忘れないで、感謝することが大切なこと。

これらの二つのこと、
1.私たちはこの地上では旅人であり、寄留者であること
2.神様が私たちに必要なものをいつも備えていてくださること
を教えられました。

Pap_00072礼拝の後は、サンクスギビングの昼食会をしました。

七面鳥の肉、玉ねぎ、マヨネーズを混ぜたものパンにはさんで、パクパク。
ハンプキンケーキをむしゃむしゃ。

七面鳥、ハンプキン、そして七面鳥につけるクランベリーソース(ジャム)をおいしく食べました。



| | コメント (0)
|

11月19日礼拝メッセージPODCAST「旅人の人生」

11月19日(日)
「旅人の人生」(約8.0MB)
お話:ドン・リギア宣教師

「061119.mp3」をダウンロード

※これは、遠方に住んでいる教会員と、仕事や病気、用事などで礼拝をお休みした方のためにアップしていますが、その他の方も、もしよろしければお聞き下さい。

| | コメント (0)
|

11月19日主日礼拝のご案内

Apple_211月19日(日)あさ10:30-12:00
感謝(サンクスギビングデー)礼拝
「旅人の人生」
お話:ドン・リギア宣教師
(入場無料。席上-自由-献金有り)

19日の礼拝は、アメリカで、この時期に祝われる感謝祭(サンクスギビングデー)の意味を、聖書から学びます。

私たちは、日頃、いつも「ないない症候群」に取り付かれています。「あれがない。これがない。」とないものばかり数えて、不平と不満に満たされて生きていないでしょうか?

サンクスギビングデーは、神様が私たちのためにいつも良いものを備えていてくださることを思い出すときです。

イギリスから自由を求めて、アメリカ大陸に渡ってきた、ピルグリムの人たちの歴史を通して、聖書から、神様の恵みを数えて、神様に感謝することを学びます。

日頃、つぶやきばかり多く、感謝を忘れている方は、ぜひ聖書を通して、神様に感謝する喜びの人生の秘訣を知ってください。

初めての方のおいでを歓迎します。
聖書や讃美歌は教会に備えてありますから、お気軽においでください。

| | コメント (0)
|

11月12日礼拝メッセージPODCAST「愛する幸せを味わう家庭」

11月12日(日)
「愛する幸せを味わう家庭」(約6.0MB)
お話:林 俊宏牧師

「061112.mp3」をダウンロード

※これは、遠方に住んでいる教会員と、仕事や病気、用事などで礼拝をお休みした方のためにアップしていますが、その他の方も、もしよろしければお聞き下さい。

| | コメント (0)
|

2006年11月の暗唱聖句

Imgp25552_2←クリックしてみてください。

<恐れてはいけない> 出エジプト記14章13節

「恐れてはいけない。しっかり立って、
きょう、あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。」

出エジプト記14章13節 アーメン。

| | コメント (0)
|

礼拝メッセージPODCAST「目的に導かれた人生の祝福(2)」

11月5日(日)
「目的に導かれた人生の祝福(2)」(約7.4MB)
お話:林 俊宏牧師


「061105-2.mp3」をダウンロード

※これは、遠方に住んでいる教会員と、仕事や病気、用事などで礼拝をお休みした方のためにアップしていますが、その他の方も、もしよろしければお聞き下さい。

| | コメント (0)
|

11月5日主日礼拝のご案内

Apple_211月5日(日)あさ10:30-12:00
「目的に導かれた人生の祝福-2」
コリント人への第二の手紙5章14-15節
お話:林 俊宏牧師

私たちの教会では、現在、礼拝で、アメリカのカリフォルニアにあるサドルバックチャーチのリック・ウォレン牧師が書いた「人生を導く5つの目的」の本-全米ベストセラー-をもとに、聖書が教えている私たちの人生の5つの目的について学んでいます。

聖書は、私たちが決して偶然に存在しいるのではなく、私たちを造られた神様がいらっしゃると教えています。
そして、私たちがそのお方を知り、私たちが造られた目的を知って生きる時に、私たちの人生に豊かな祝福があることを教えています。
次週の礼拝では、そのことについて学びます。

初めての方を歓迎します。お気軽においでください。(入場無料。自由献金あり)
聖書や讃美歌などは教会に備え付けてあります。

| | コメント (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »