« 神様の目(前編) | トップページ | 父の日のご案内です »

神様の目(後編)

Zou_bなぜ神様は私たちを「高価で尊い」と
言われるのでしょうか?

メッセンジャーの荒井スタッフは、こんなことを言っていました。
oneものの価値は、そのものに払われる犠牲によって
  見いだされる(比例する)。

Eriyakun_2 「例えば~、自分の貯金を
はたいて高いギターを買ったと
したら、その買った人は
ギターを大事に大事に
扱うでしょう?だけどもし他人が
軽く扱って壊してしまったら・・・
いくらその人が温厚でも、
そりゃあ怒るに決まってる。」

なんて感じのたとえ話をしてくれました。

 実は、今回のメッセージに引用されたみことばには続きがあるんです。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民(くにたみ)をあなたのいのちの代わりにするのだ。(イザヤ43章4節)」

 神様は、私たちのために大きな犠牲を払われました。ご自分の愛してやまないひとり子(秘蔵っ子)であるイエス・キリストを人としてこの世におくり、イエス・キリストは十字架の上で血を流されました。この世のどんなものにも変えられない「イエスの血潮」という犠牲があるのです。それほどに、神様は私たち一人一人を愛して下さっているので、「あなたは高価で尊いんだよshine」と、ラブコールを送っておられるんですねheart04

 

two私たちは神様によって造られ、
  神の似姿に造られたから。

 聖書には、人は「神のかたちとして創造された」とあります。神様と親しい関係を持つために造られたのですが、残念ながら罪が人の心に入り込んでしまったために、私たちは羊のように迷子になって、自分の存在を認めて欲しいという無意識な欲求をもつようになりました。
 でも神様は私たちを見捨てないで、oneの事をしてまで愛して下さっているんです。偶然にではなく、人は神様によってつくられたので、大切にされる=価値のある存在なんですね!どんなに自分がダメに見えるような事があっても、神様の愛の約束はいつまでも変わることがありませんheart04

cloverclover
神様との関係をもう一度やり直す方法はただ一つ。
それは、いのちを捨ててまで私たちの罪を身代わりに背負って下さったイエスさまを、自分の人生の王様としてお迎えすることです。
教会では毎週、教会学校主日礼拝祈祷会etc.を通して、いつでもどの箇所からでも、イエスさまの救いを見いだして話しています。

|
|

« 神様の目(前編) | トップページ | 父の日のご案内です »

02これからの集会のご案内」カテゴリの記事

12教会日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神様の目(前編) | トップページ | 父の日のご案内です »