« 2011年3月27日主日礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2011年3月27日★英語クラスのようす★ »

2011年3月27日 礼拝のようす

大震災の日から2週間が過ぎました。

礼拝では、今日も被災地を思い祈りました。

教会同士のネットワークで、被災地の教会に支援物資等を届ける活動もどんどん進んでいるようです。

私たちの教会でも、具体的にできることに協力していきたいと考えています。

今日の礼拝メッセージは「天地創造の七日目」(創世記2:1-3、出エジプト記20:8-11/林牧師)

「こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。それで神は、第七日に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。(創世記2:1-3)」

神さまは、天地のすべてを6日間で創造した後、「休む」ことによってみわざの完成を告げられました。

モーセの「十戒」では、「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。6日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。(出エジプト20:8-9)」と命じられています。

神さまのやり方を真似ることによって、私たちは神さまに目を向けることができます。

現代のキリスト教会では、多くが週に一度、日曜日に礼拝をささげています。

礼拝に集まる私たちは、日々の「わざ(仕事や学業、家事など)」を休んで神さまを礼拝し、神さまから新しい力と祝福をいただいて、また新しい週の歩みに向かいます。

被災地にいる皆さんや、いろいろな場所で復旧作業をされている方々は、ほんとうに今、「休む」間もないことと思いますが、お一人お一人に、神さまが新しい力と祝福を与えてくださるように祈っています。

「あなたは知らないのか。聞いていないのか。
主は永遠の神、地の果てまで創造された方。
疲れることなく、たゆむことなく、その英知は測り知れない。
疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。
若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲(わし)のように翼をかって上ることができる。
走ってもたゆまず、歩いても疲れない。(イザヤ書40:28-31)」

☆--------------------☆---------------------☆
※主日礼拝
毎週日曜日午前 10:30-12:00(入場無料、自由献金あり)
主日礼拝は教会の中心的な集会です。
聖書や讃美歌は教会に備え付けてあります。
初めての方でも安心しておこしください。(自由献金あり)
・お問い合わせは、朝霞聖書教会まで。
Tel.048-464-8575
・地図はこちら

|
|

« 2011年3月27日主日礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2011年3月27日★英語クラスのようす★ »

04主日礼拝のようす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年3月27日主日礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2011年3月27日★英語クラスのようす★ »