« 2011年12月25日クリスマス礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2012年1月1日新年礼拝のご案内 »

2011年12月25日 礼拝のようす

クリスマス礼拝が今年最後の礼拝となった今日の日曜日。

今日は、礼拝のなかで、メサイヤ賛美や転入会式があったりと、喜びあふれる2011年最後の礼拝となりましたshineshineshine

メッセージ「クリスマスのサイン」(ルカ2:1-20/林牧師)

今日のメッセージでは、クリスマスツリーxmasに込められた意味を聞きました。

クリスマスツリーxmasを飾り始めたのは、約450年前、宗教改革者のマルチン・ルターだと言われているそうです。

常緑樹である「もみの木」は、永遠のいのちを表しています。

その他、オーナメントにも色々な意味があるのですが、ここでは「灯り」についてのお話をご紹介しますねflair

クリスマスと言えばイルミネーションですが、ツリーにろうそくを飾っていた歴史があるようです。

この世に人として生れて来てくださった神の子、イエスさま。

聖書bookで、イエスさまは「光」に例えられています。

どんな暗闇の中でも、小さな灯火一つで暗闇はなくなります。

「灯り」や「光」は、希望と安心感を人に与えますね。

来年も「光」であるイエスさまから目を離さずに生きる一年になりますように・・・confident

「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。(イザヤ9:2)」

「すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。(ヨハネ1:9)」

|
|

« 2011年12月25日クリスマス礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2012年1月1日新年礼拝のご案内 »

04主日礼拝のようす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年12月25日クリスマス礼拝メッセージPodcasting | トップページ | 2012年1月1日新年礼拝のご案内 »